時を待つ心

2021年2日目の昨日、食べすぎたので、お散歩(笑)
公園には、桜の蕾。
そして、昔から縁起の良い生き物と言われている鯉。
この時期の桜を見て、毎年、思い出す
松下幸之助氏の「時を待つ心」。
時を待つ心を春を待つ桜の姿に例えられています。
春を待つ桜と同じように、ただその時を待つのではなく、
その時が来るまで、粛々と。
例年以上に心に染みる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA