もっと眩しい未来

「塾に行きたい!」

と、自らの意志で、塾に通い始めて3か月。
成果が出始めた中1の娘。

苦手な国語に、手ごたえを感じてきたらしい。

塾からの帰り道、この話をした後、
歌いながら、娘が言った言葉。

『過去がどんな眩しくても未来はもっと眩しいかもしれない』

乃木坂46の「帰り道は遠回りしたくなる」の歌詞らしい。

「まさにさぁ〜私の人生と同じだよね〜。
 小学生の時も輝いていたけど、これからもっと輝いて行くと思うよ!」

『風のように 風のように 
 思うままに生きてみよう
 過去がどんな眩しくても
 未来はもっと眩しいかもしれない』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA