人知れず、徳を積む

徳不孤必有隣 
とくはこならず
かならずとなりあり
徳のある人(人格者)は、
孤立する事なく、必ず理解者があらわれる。
禅の世界では、「陰徳」を大切にするそう。
陰徳を積む。
誰にも知られないように、
ひっそりと善い行ないをする事。
陰徳を積む事は、人格を磨く事。
人格者となれば、自然と「隣有」となる。
徳不孤必有隣
とくはこならず
かならずとなりあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA