「心」に想いを込めて書く

「心」の一画目と二画目の距離。
一画目と二画目の距離が近く、
一画目に二画目が寄り添う。
「心」という字に、
相手に寄り添うという
「心」「想い」を込める。

心のバランス。
自分がどうしたいのか、
自分がどうなりたいのか、
字に心、想い、意識を込めて書く。

二画目のカーブは、
筆跡診断的に、
大きな弧を描く「大弧型」。
豊臣秀吉、松下幸之助さん、
橋本龍太郎さんなどが
書いていた書き方。
「天下を取る筆跡」とも
言われている大物相の書き方。
あふれんばかりの
エネルギーや生命力、
人間のスケールの大きさを
表わす。

人間力、生命力、エネルギー高く、
相手に寄り添う器の大きさ。

書は人なり。
書には、書いた人の
人柄が表われる。
意識して字を書けば、
意識した書き方の
人柄になれる。

筆跡診断士
子ども筆跡診断士
個性心理學認定講師・カウンセラー
小山田 香代(雅号 聲泉)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA